1. caption01
  2. caption02
  3. caption03
  4. caption04
  5. caption05
くつろぎのリビング
Living
「人を招きたくなるリビング空間に」。
そんな家具をご提案。
家族が集まるダイニング
Dining
デザインだけでなく、
使うことで分かる機能の良さをご提案。
暮らしを彩るアイテム
Other goods
暮らしを豊かにする
個性豊かなアイテムをご提案。

家具の選び方

リビング・ダイニング家具の選び方


ダイニングテーブルのサイズ

食事をするときに必要となる1人当たりの寸法はご存じですか?

食器を並べるスペースや隣の人と肘がぶつからないで食事をすることを考えると、1人当たり、幅600mm、奥行き350mmは最低限必要となります。

ゆったりくつろげることを考えると、4人家族の場合、幅13001500mm×奥行き700800mm6人家族の場合、幅18002000mm×奥行き750800mm程度をおすすめしています。

円形のテーブルでは、4人家族の場合、テーブルの直径が1000mm程度あると窮屈さを感じないサイズとなります。


部屋の広さとの関係性

ダイニングテーブルは、ゆとりを持ったものを選びたいものですが、まずは部屋の広さを考慮する必要があります。

その際、テーブルのサイズだけではなく、椅子のサイズや人が椅子に座った状態で後ろを通るスペースがあるかどうかも重要となります。

ダイニングの動線を考え、椅子の後ろを人が通るのであれば、椅子に座った状態で、椅子の背から600mm以上のスペースの確保が必要です。


テーブルと椅子の高さ

テーブルや椅子には適正な高さがあるとご存知ですか?

一般的なテーブルの高さは700mm程度。椅子の座面の高さ(SH)は400450mm程度です。

その一般的な高さのテーブルや椅子でも、「なんだか違和感がある」、「座り心地が悪い」と感じることがあります。

その原因は、身長に対して、テーブルと椅子の組み合わせが合っていないためです。

理想的なサイズを知るには、様々な組み合わせで座ってみるのが一番ですが、実は簡単に座り心地の良さを知ることができる方法があります。

それは、自分に合った「差尺(さじゃく)」を知ることです。差尺とは、「テーブルの天板の高さ」と「椅子の座面の高さ」の差のことをいいます。

理想的な差尺は、座高の高さの1/3から23㎝引いた寸法だといわれています。

座高が分からない方は、「身長×0.55」で平均的な座高が算出できます。


理想的な差尺=座高(身長×0.55×1/3 23㎝ ※身長170㎝の場合は2829


自分にとって座り心地の良いサイズ感を知っておくと便利です。差尺はダイニング家具の選びの基本となりますので、テーブルや椅子を購入する際の参考にされてください。


因みに、座卓の場合は、「天板の高さ」=差尺となりますが、座布団や座椅子の使用を考えると「33㎝前後」が理想の高さだといわれています。

コメントする

名前

URL

コメント

お得な会員様登録はコチラ

会員限定の特典がいっぱい

ポイント2倍
お手入れセットプレゼント
写真とレビューの投稿で素敵な雑貨プレゼント
365日間安心保証
会員様限定セール SALE

商品検索

お問い合わせ
10,800円以上で 送料無料!

カテゴリー

法人のお客様へ

設計事務所様・住宅メーカー様・飲食店等のオーナー様はこちらからどうぞ。

ブランド

AJIM(アジム)
ISU WORKS(イスワークス)
FDB MOBLER(モブラー)
Carl Hansen & Son(カールハンセン&サン)
カリモクニュースタンダード
Quito
kitoki
cuero
CLASSE(クラッセ)
シキファニチア
SIEVE(シーブ)
杉山製作所
DI CLASSE(ディクラッセ)
d-Bodhi(ディーボディ)
TEORI
Normark(ノルマーク)
FAR EAST FURNITURE(ファーイーストファニチャー)
HALO(ハロー)
平田椅子製作所
bina
冨士ファニチア
FLANNEL SOFA(フランネルソファ)
HAY
Made By Hand
miyakonjo product
宮崎椅子製作所
moda en casa(モーダエンカーサ)
吉桂
LIFE FURNITURE(ライフファニチャー)
REDECKER(レデッカー)
Werner(ワーナー)
HTD FURNITURE
Other Brand

お店情報

お店情報

会社概要

HAPPY TIME DIRECTION
(ハッピータイムディレクション)
熊本県八代市鏡町上鏡1150
丸三家具内
TEL:0965-52-0323
担当:野口貴生


Blog
Blog
Blog

ページトップへ